「サポートセンターなび」の運営者「nagisa」のプロフィールをお伝えします。

パソコンインストラクターのnagisa

「サポートセンターなび」の運営者のnagisaです。

私はパソコンインストラクターとしての仕事をしています。

当初はパソコン教室を運営する会社に雇われながら、WordやExcelの操作方法、Webサイト(ブログ)の作成方法などをお教えするパソコンインストラクターをしていましたが、その後に独立。

現在は生徒さんのお宅にお伺いしてパソコンの操作方法、トラブル解決、購入相談など、「パソコンの何でも屋」という感じで仕事をしていて、ここ数年はパソコンだけではなく、スマホやタブレットの相談も多いため、本来のパソコンインストラクターという職種が変わりつつあります。

パソコンインストラクターの仕事にプラスして、自宅ではWeb関係の仕事をする日々です。

そのため、仕事と子育て(幼稚園に通う子供が2人)であっという間に1日が終わるという生活をしています。

実際の経験を元に「サポートセンターなび」を作成

パソコンインストラクターといっても、パソコンのことがすべてわかっている訳ではありません。

そのため、生徒さんのパソコンにトラブルが発生したときにインターネットで調べるより、パソコンメーカーのサポートセンターに電話で聞いたほうが早くて確実ということがよくあります。

最初は必要に応じてサポートセンターの電話番号を調べていたのですが、何度も調べているうちに「サポートセンターをまとめたサイトがあると便利なんじゃないか?」と思いました。

インターネットで検索しても私が必要なサポートセンターの情報がまとめられているサイトが見つかりません。

「ないなら自分で作成しよう」と思い、できたのが「サポートセンターなび」です。

「サポートセンターなび」は、このように実際の経験から作成したサイトのため、私が必要なサポートセンターの情報がメインとなっています。

現在はパソコン関係以外で私が必要な情報、家族や「サポートセンターなび」を見てくださっている方々からのご要望で、新しい内容を追懐しています。

サポートセンターの電話はつながりにくい?

私はパソコン以外にも「何か疑問に思ったこと」「解決したいこと」があると、すぐにインターネットで調べたり、サポートセンターに電話するタイプです。

ただ、多くのサポートセンターは「電話が混雑している」「音声ガイダンスで何度も数字を選択しなければいけない」などが理由で、電話がつながりにくいことが多いと思います。

中には音声ガイダンスを何度も乗り越えてもオペレーターとつながる番号がなかったり、「やっとオペレーターにつながる!」と思っても、「ただいま混雑しています。大変申し訳ありませんが、電話をおかけ直しください」となって電話を切られてしまうこともあります。

「できるだけ電話でのお問い合わせを避けたい」という会社の考えで、サイトにあるサポートセンターの電話番号が見つけづらい場合もよくあります。

私は様々なジャンルのサポートセンターに電話をしてきたので、このような問題を解決するために、サポートセンターの電話番号はもちろん、音声ガイダンスの番号、混雑状況の確認など、「サポートセンターなび」ではサポートセンターに電話するときに役立つ情報を掲載しています。

電話だけではなく、メールでの問い合わせ、よくある質問などの情報もあります。

今後もサポートセンターの情報を追加していきます。