「サポートセンターなび」は株式会社Kitsが運営しています。

株式会社Kitsと「サポートセンターなび」の運営者「nagisa」のプロフィールをご紹介します。

株式会社Kitsについて

株式会社Kitsは愛知県名古屋市を拠点にして、ホームページ作成を中心にWeb関係の仕事をおこなっています。

2021年10月に設立したばかりの会社ですが、「サポートセンターなび」の運営者「nagisa」は20年以上のパソコンインストラクターやホームページ作成の経験があります。

当初はパソコン教室に勤務し、WordやExcelの操作方法、ホームページの作成方法などを教えるパソコンインストラクターをしていましたが、その後に独立。

現在は、パソコン教室を運営だけではなく、企業サイトのサポート業務も請け負っています。

株式会社Kitsの公式サイトはこちらです。

https://kitsweb.co.jp/

「サポートセンターなび」を作成した理由

「サポートセンターなび」を作成した理由やきっかけは主に2つあります。

パソコンインストラクターとしての経験から

私はパソコンインストラクターでパソコン歴も長い方なのですが、パソコンのことがすべてわかっている訳ではありません。

パソコン教室の生徒さんが持っているパソコンにトラブルが発生したとき、インターネットで調べるより、パソコンメーカーのサポートセンターに電話で聞いたほうが早くて確実ということがよくあります。

最初は必要に応じてサポートセンターの電話番号を調べていたのですが、何度も調べているうちに「サポートセンターをまとめたサイトがあると便利なんじゃないか?」と思いました。

その当時は、インターネットで検索しても私が必要なサポートセンターの情報がまとめられているサイトがありませんでした。

「そういったサイトがないなら自分で作成しよう」と思い、できたのが「サポートセンターなび」です。

サポートセンター業務

パソコンインストラクターとしての仕事をしている中、友人の会社が運営するサイトのサポート業務(主にユーザーさんからの問い合わせ対応)をするようになりました。

そんな中、ユーザーさんからは「問い合わせ先がわかりにくい」、「連絡が全然とれない」などの苦情もあり、サポートセンターに問い合わせするユーザーの立場だけではなく、サポートセンターで問い合わせを受けるスタッフとしての立場も経験しています。

「サポートセンターなび」の作成につきましては、サポートセンター業務での経験も生かされています。

サポートセンターの電話はつながりにくい?

私はパソコンだけではなく、旅行、飛行機、家電、クレジットカードなど、「何か疑問に思ったこと」や「解決したいこと」があると、すぐにインターネットで調べたり、サポートセンターに電話するタイプです。

ただ、多くのサポートセンターは「電話が混雑している」「音声ガイダンスで何度も数字を選択しなければいけない」などが理由で、電話がつながりにくいことが多くあります。

中には音声ガイダンスを何度も乗り越えてもオペレーターとつながる番号がなかったり、「やっとオペレーターさんにつながる!」と思っても、「ただいま混雑しています。大変申し訳ありませんが、電話をおかけ直しください」となって電話を切られてしまうこともあります。

「できるだけ電話でのお問い合わせを避けたい」という企業の考えで、サイトにあるサポートセンターの電話番号が見つけづらい場合もよくあります。

私は様々なジャンルのサポートセンターに電話をしてきたので、このような問題を解決するために、サポートセンターの電話番号はもちろん、音声ガイダンスの番号、混雑状況の確認など、「サポートセンターなび」ではサポートセンターに電話するときに役立つ情報を掲載しています。

電話だけではなく、メールでの問い合わせ、よくある質問などの情報もあります。

今後もサポートセンターの情報を追加していきます。